<スポンサーリンク>


織田裕二さん、吉田羊さん出演の『ボクの妻と結婚してください。』観てきました♪

泣く気まんまんで臨み、その通りになりました(笑)。

こざかしいあり得ない設定だとか、いろいろ批判の向きはありますが、好き嫌いには反論しません。

単純に感動できる自分に感謝です♪

吉田羊、公開3部作!?

飛ぶ鳥落とす勢い(?)の吉田羊さん、同時公開3作品に出演しています。

それって凄すぎるでしょ!!

 

  1. 『SCOOP!』(10/1公開)
    • サイト管理人が通うシネマでは11/18が上映最終日
  2. 『グッドモーニングショー』(10/8公開)
    • サイト管理人が通うシネマでは夜1回上映に。そろそろ最終か。
  3. 『ボクの妻と結婚してください。』(11/5公開)
    • 公開1週間経ちませんが、上映館内ガラガラでした...。

 

ちょっとネガティブコメントをつけてしまいましたが...

この3作品、サイト管理人は全部観ました。

「3作品3羊」それぞれに素敵です♪♪

 

1.『SCOOP!』では、次期編集長を狙う写真週刊誌の副編集長を好演。

2.『グッドモーニングショー』では立てこもり犯と対決(?)するニュースキャスターの妻役。

3.『ボクの妻と結婚してください。』は、夫と子供が大好きな素敵な妻役。

 

個人的には、出演シーンも一番豊富な3.『ボクの妻と結婚してください。』が一推しです♪♪♪

 

『ボクの妻と結婚してください。』情報

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%af%e5%a6%bb%ef%bc%92

(画像出典:natalie.mu)

 

『ボクの妻と結婚してください。』情報♪

 

  • 監督:三宅喜重
  • 脚本:金子ありさ
  • 原作:樋口卓治『ボクの妻と結婚してください。』
  • 出演:織田裕二、吉田羊、原田泰造、高島礼子 他
  • 公開:2016年11月5日
  • (以上、Wikipediaより転載)
  • 評価:Yahoo!映画 3.25点(5点満点、記事掲載時点評価)
  • 評価:映画.com 3.6点(5点満点、記事掲載時点評価)

 

『ボクの妻と結婚してください。』主なキャスト

  • 三村修治;織田裕二
    • 放送作家。末期癌で余命半年と宣告された。
    • 人生最期の企画として妻と結婚してくれる人を探す。
  • 三村彩子:吉田羊
    • ガーデニングが好きな、ごくフツーの教育ママ。
    • 結婚12年の夫も、そして、息子も心から愛している。
  • 三村陽一郎:込江海翔(メインの子供役)
    • 頑張っている父も母も大好きな息子。
  • 伊東正蔵:原田泰造
    • 会社社長で、修治が妻・彩子の結婚相手と定めた男性。
    • 結婚する気は全くなかったが...。
  • 知多かおり:高島礼子
    • 結婚相談社長で修治とは旧知の仲(?)。
    • 修治の企画を援助する。

NHK大河ドラマなどでも活躍する原田泰造さん。

もうりっぱな俳優ですね♪

 

『ボクの妻と結婚してください。』舞台やテレビドラマも!?

原作は樋口卓治さんの同名小説です。

_/_/

そして、まず舞台化が実現しました。

2014年2月27〜3月2日の日程で、天王洲銀河劇場で上演されました。

修治を内村光良さん、そして、妻・彩子を木村多江さんです。

このペア、現在公開中、内村光良監督の『金メダル男』でも同じキャスティングです♪

_/_/

そして、2015年5月から6話構成でTVドラマ化されました(NHK BSプレミアム)。

このキャスティングも内村光良さんと木村多江さんでした♪

 

『ボクの妻と結婚してください。』の勝手にこぼれ話!?

実は、樋口卓治さんの原作『ボクの妻と結婚してください。』には続編があります。

『続・ボクの妻と結婚してください。』です。

この作品、もともと『天国マイレージ』として出版されていた作品が改題したものです。

主人公は『ボクの妻と結婚してください。』と同じく、三村修治です。

修治が、死後、息子の陽一郎をサジェストするために(?)1週間限定で生き返る。

息子と同じ小学生の転校生となって、現れる...。

_/_/



<スポンサーリンク>


原作に続編があるってことは、映画も続編がある...かもです♪♪♪

勝手な推測ですけどね(笑)。

 

『ボクの妻と結婚してください。』の超あらすじ♪

<『ボクの妻と結婚してください。』予告編>

(動画出典:youtube.com)

 

20年続けている放送作家で活躍している三村修治(織田裕二)。

しかし、突然の癌宣告。しかも末期癌ですでに手の施しようもない。

そんな修治、自分の不幸な最期を笑いに変えよう、そして妻のことを考えようということで、最期の企画を考える。

それが、自分が死んだあとを任せられる妻・彩子(吉田羊)の結婚相手を探すというもの。

フツーならあり得ない企画実現に向けて動く修治。

旧知の仲の結婚相談所社長・知多かおり(高島礼子)の援助もあり、最適な相手・伊東正蔵(原田泰造)と出逢い、正蔵なら妻・彩子の人生を任せられると確信する修治だが、妙な画策が正蔵にバレてしまう。

当然、正蔵は申し出を断ります...。

死期が近づく修治に対して、妻・彩子は...。

 

サイト管理人の勝手な感想♪

%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%af%e5%a6%bb%ef%bc%93

(画像出典:cinemaniera.com)

 

ストーリー自体をいろいろ悪く言う人はいるようです。

お涙頂戴とかなんとか...。

でも、いいじゃないですか。

私は素直に泣けました。

そして、家族っていいなぁと思いました。

妻のことも改めて「感謝するし、好きだ」と思いました。

もちろん、吉田羊さんも素敵でした(笑)。

_/_/

目の前のストーリーに何を感じて、どんな想いを拡げるかは、人それぞれです。

その作品が合う人と、合わない人がいることは仕方がないことです。

私は、この作品からいろんなものを感じ、そして、その想いを拡げることができました。

ありがたいことです。感謝です。

 

まとめ

 

もともとは吉田羊さんの公開3部作を観る目的で、この作品を観ました。

吉田羊さんは、とても素敵でした。

吉田羊さんが演じている彩子も素敵な女性です。

それだけでも大満足ですが、それ以上のものをゲットできたように感じています。

_/_/

ところで、涙もろい方は、涙が止まらないかもしれませんので、それなりの準備をしていってくださいね♪♪

サイト管理人は、少し大きめのポケットタオルを準備し、左右に観客がいない席を選んで、思いっきり泣きました♪♪♪

※アイキャッチ画像の出典:antenna.jp

関連記事はこちらです!

 


<スポンサーリンク>

邦画の関連記事
  • 映画『ミュージアム』〜カエル男が主演・小栗旬を凌駕するグロい作品!?
  • 『ボクの妻と結婚してください。』吉田羊公開3部作(?)、泣けます!
  • デスノート(後編)〜映画シリーズ2作目
  • デスノート(前編)〜映画シリーズ1作目
おすすめの記事