<スポンサーリンク>


CIAには、本当にこのシリーズのような「人を殺人兵器にするという計画」があるのでしょうか...。

本シリーズでは『トレッドストーン作戦』『ブラックブライアー作戦』『アウトカム計画』と殺人兵器計画を次々に実行していくCIAが、失敗し、関係者の抹殺で隠蔽しようとします。

シリーズ5作目の『ジェイソン・ボーン』にて、新たなる?殺人兵器計画がボーンの前に現れます!

シリーズ3作目の『ボーン・アルティメイタム』でCIAの「人を殺人兵器にするという計画」は終止符が打たれたと思ったのですが...。

[br num="1"]

最新作、映画『ジェイソン・ボーン』について

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%90%ef%bc%90

(画像出典:cinemacafe.net)

[br num="1"]

サイト管理人、『ジェイソン・ボーン』観てきました。しかも、4DX2Dで。

4DX2Dの感想などは別記事に書きますね♪

[br num="1"]

映画『ジェイソン・ボーン』について

  • 公開:2016年10月7日(日本公開)
  • 監督:ポール・グリーングラス
  • 原作:ロバート・ラドラム
  • 出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、トミー・リー・ジョーンズ
  • (原典:Wikipedia)

監督は、シリーズ2作目・3作目と同じ、ポール・グリーングラスさんです。

ボーンを演ずるマット・デイモンさんは、最新作の気持ちはなかったようですが、監督がポール・グリーングラスさんならということで出演を決めたとか。

10月15日・16日の週末興行成績ランキング(映画.com調べ)では、『ジェイソン・ボーン』は堂々3位です。

ちなみに、ベスト3は...

  1. 君の名は。(週末ランキング8週連続1位!)
  2. 何者(同ランキング初登場2位!)
  3. ジェイソン・ボーン

サイト管理人は、1.も2.も観ました。別記事で感想など書きますね〜♪

[br num="1"]

映画『ジェイソン・ボーン』のあらすじ

<予告編・日本語版>

<動画出典:Youtube.com>
[br num="1"]

シリーズ1作目、2作目、3作目と登場しているCIAの工作員、ニッキー・パーソンズ(フランカ・ポテンテ)が冒頭で登場します。

彼女は、すでにCIAを辞め「CIAによる殺人兵器計画を阻止する運動」をやっています。そのなかで、またしてもCIAの新しい殺人兵器計画の事実をつかみます。

そして、ニッキーは計画を阻止するため、手に入れた情報をジェイソン・ボーン(マット・デイモン)に託そうと接触を図ります。

実は、ニッキーが手に入れた情報のなかには、新しい殺人兵器計画以外にも、ボーンに関わる重大な事実が含まれていました。

ボーンは、ターゲットをロバート・デューイCIA長官(トミー・リー・ジョーンズ)に絞ります。

一方、今回ボーンに立ちはだかるのは殺人兵器計画で暗殺者となった作戦員・アセット(ヴァンサン・カッセル)です。

アセットは、ボーンが阻止した計画のために、作戦途中、敵に捕まり2年間地獄を味わいました。

そのため、ボーンを抹殺することが彼の生きる目的になっていました。



<スポンサーリンク>


[br num="1"]

サイト管理人の勝手な感想♪

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%b3%ef%bc%90%ef%bc%90%ef%bc%91

(画像出典:tadamonkugaiitakute.com)

[br num="1"]

この画像、作品冒頭で、ボーンとニッキーが落ち合う場面です。

おおぅ、最新作のキーとなるお相手の女性はニッキーね...と思ったのですが、一抹の不安。

そして、不安が的中しました。シリーズ2作目パターンです(笑)。

で、新しく登場した女性は、CIA局員のヘザー・リー(アシリア・ヴィキャンデル)。

彼女の物語への絡みが、いろいろ不自然で、違和感がありました。

ただし、彼女が最後まで生き残ったことで、なんとなく続編もありか?という推測ができました。

ボーンがヘザー・リーの思惑を最期に見抜いたというのも、続編への伏線になるかもしれません。

_/_/

ところで、肝心の本編ですが、終わってみると、単なる個人的な復讐劇だったのかということで、シリーズのなかでは一番がっかり感がありました。

もう少し社会正義を貫く...的な視点での立ち回りがあると良かったのですが...。

それと、カーアクションを含めた過激なアクションには...ちょっぴり(正直言うと「かなり」)飽きました。

「続編もありか」と書きましたが、同じテイストでの続編はきついかもしれませんね。

[br num="1"]

まとめ

 

[br num="1"]

単純に過激なカーアクションが大好きという人には、マッチした作品です。

過去のシリーズ云々という頭をまるっきりクリアにして、この作品オンリーで観れば、随分と楽しめる作品なのかもしれません。

_/_/

シリーズ5作品を改めて見直すと、サイト管理人は、1作目『ボーン・アイデンティティ』、そして、スピンオフですが4作目『ボーン・レガシー』が好きです。

最新作『ジェイソン・ボーン』は、サイト管理人の好みとしては、少しマイナス点を付けたい作品です。

ただし、あくまでも個人の見解です。観るかどうかの判断は、ご自分でお願いしますね♪

(※アイキャッチ画像の出典:ciatr.jp)
[br num="1"]
他の公開作品記事はこちらです!

[br num="1"]


<スポンサーリンク>

その他の関連記事
  • 【Hulu一推しのホントの理由】〜余計な費用がかからないこと!
  • Huluで視聴できるジョニー・デップの主演映画ベスト5紹介♪♪
  • レニー・ゼルヴィガーが長期休養した理由を勝手に推測!?
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』シリーズ3最新作〜相変わらずキュートです!!
  • 『デスノート LIGHT up the NEW world』世間の評判は低いが、かなり面白かったぞ!
  • トム・ハンクス主演『インフェルノ』〜シリーズ3作目、一番楽しめた作品です!!
おすすめの記事