<スポンサーリンク>


宗教象徴学ロバート・ラングドン教授シリーズ、第3作目・新作『インフェルノ』。「インフェルノ」とは地獄という意味です。

それにしても、これほどまでに難事件に巻き込まれるのはラングドン教授しかいないですよね(笑)。

原作はシリーズ4作出ているので、まだまだ危険は続く...(爆)。

[br num="1"]

『インフェルノ』について!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%8e%ef%bc%93

(画像出典:cinemawith-alc.com)

[br num="1"]

『インフェルノ』情報♪

  • 監  督:ロン・ハワード
  • 原  作:ダン・ブラウン
  • 公  開:2016年10月28日(日本公開)
  • 出  演:トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、シセ・バベット・クヌッセン 他
  • 情報出典:以上、Wikipedia
  • Yahoo!映画評価:2.92点(5点満点中:記事作成現在)
  • 映画.com評価:3.5点(5点満点中:記事作成現在)

[br num="1"]

『インフェルノ』の主なキャスト

  • ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)
    • ハーバード大学宗教象徴学教授。宗教歴史美術に詳しい。
  • シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)
    • 怪我をして運び込まれたラングドン教授を診た女医。教授と伴に逃げる。
  • クリストフ・ブシャール(オマール・シー)
    • ラングドンと女医を追うが敵か味方か不明...
  • エリザベス・シンスキー(シセ・バベット・クヌッセン)
    • 世界保健機関事務局長&ラングドン教授の想い人!?

直前の画像が主なキャストですが、いったい誰が敵か味方か判らないところが、面白いです♪

[br num="1"]

『インフェルノ』のこぼれ話、その1♪

ヒロイン抜擢のフェリシティ・ジョーンズさんは、オックスフォード大学卒の秀才。

父と叔父(俳優)の勧めにより、演技の道に進みました。

2014年の『博士と彼女のセオリー』ではヒロイン抜擢で、第87回アカデミー賞・主演女優賞にノミネートされています。

2016年公開映画では、本作『インフェルノ』のヒロインだけでなく、12月16日公開予定の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でも主役に抜擢されています。

今、俄然注目されている女優の1人です♪

[br num="1"]

『インフェルノ』のあらすじ♪

<『インフェルノ』予告編>

(画像出典:youtube.com)

[br num="1"]

ハーバード大学教授、ラングドン(トム・ハンクス)は、誰かに襲われて病院のベッドで目覚めることからスタートします。担当女医の話によると頭を銃弾がかすったと言います。

しかし、教授には、自分が病院に運ばれることになったいきさつの記憶が全くありません。様々な幻影がフラッシュバックして教授を苦しめます。

担当女医と教授が2人いた病室に暗殺者登場。教授と女医は命からがら病院から抜けだし、逃げることに成功します。

やがて、2人が追うべきものが全世界97.5%を死滅に追いやる殺人ウイルスの拡散を阻止することだということが判ります。

いつものパターンで(笑)、教授と女性を執拗に狙う追ってたち。



<スポンサーリンク>


_/_/

前2作と違うところは、どんでん返しの回数。おひおひ、それは予想できなかったというものが多く、先が読めないだけに、前2作以上にワクワク・ドキドキで面白さを倍加させることに寄与しています♪

[br num="1"]

サイト管理人の勝手な感想♪

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%83%8e%ef%bc%94
(画像出典:youtube.com)

[br num="1"]

この3作目は、個人的には一番楽しめた作品です。

  • 多くのどんでん返し
  • 相変わらずのテンポ
  • 前2作以上に先の読めない展開

『インフェルノ』に現れるテロ思想、とくに人口の急激な増加にはテロしかないというような思想は、実際にありそうな思いもあり、恐いです。

とくに、ウィルス絡みは、そういうテーマの映画が多いだけに、『インフェルノ』を楽しみながらも、ぞっとする思いも感じていました。

_/_/

これでラングドンシリーズは3作観たわけですが、ベースに宗教美術や宗教施設のことがあります。

しかし、3作観ても、何も記憶に残っていません(泣)。

きっと、あと1回ずつ3作全部見ても、記憶に残りません。

興味がないのか、難しいのか定かでありませんが、それでも作品が楽しめるというところが映画のいいところですね。

原作は読んだことがないのですが、これ文字情報だけだと、苦痛じゃないでしょうか...。

[br num="1"]

まとめに変えて

[br num="1"]

ヒロイン、フェリシティ・ジョーンズさんのことをさきほど書きましたが、主演、トム・ハンクスさんもとても活躍しています。

先月公開した『ハドソン川の奇跡』も、とても渋い役でしたが、トム・ハンクスさんらしい役柄でした。

次にどんな役を演じて見せてくれるのか、とても気になる俳優の1人です。

トム・ハンクスさん、今年7月には、なんと還暦になりました。

ますます渋さが加わり、円熟した演技に期待するばかりです♪

(※アイキャッチ画像の出典:youtube.com)

[br num="1"]
他のシリーズ作品記事はこちらです!

[br num="1"]


<スポンサーリンク>

その他の関連記事
  • 【Hulu一推しのホントの理由】〜余計な費用がかからないこと!
  • Huluで視聴できるジョニー・デップの主演映画ベスト5紹介♪♪
  • レニー・ゼルヴィガーが長期休養した理由を勝手に推測!?
  • 『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』シリーズ3最新作〜相変わらずキュートです!!
  • 『デスノート LIGHT up the NEW world』世間の評判は低いが、かなり面白かったぞ!
  • トム・ハンクス主演『インフェルノ』〜シリーズ3作目、一番楽しめた作品です!!
おすすめの記事